MENU

緑内障サプリ

 

緑内障の原因

 

人間が物を見る時、目の中の角膜や水晶体を通り、脳へ情報を伝える視神経に像が伝わります。正常な目は視神経の働きにより物を見ることができますが、緑内障を発症するとこの視神経に異常が生じ、視野の欠損や視力の低下などの弊害が起こります。今回は、この緑内障の原因についてご紹介します。

 

緑内障発症のメカニズム

 

目の中には房水と呼ばれる成分があります。この房水は血液の代わりとなり、目の中に必要な栄養素を送ります。緑内障は、この房水が正常に排出されなかったり、房水が溜まることで視神経を圧迫し、脳に正常な情報を伝えられないことで発症します。

 

緑内障の主な原因

 

緑内障は房水が目の中に溜まってしまい、眼圧が高くなることで発症する目の疾患です。しかし、何故房水が溜まってしまうのか、緑内障にかかる人とそうでない人の違いは何か、といった詳しいことは未だにはっきりとは分かっていません。

 

ただし、緑内障にかかりやすい危険因子というものはあります。主に当てはまるのが、高齢の方、身内に緑内障の人が居る方、近視の方があげられます。

 

高齢の方は、加齢による目の機能の衰えにより、緑内障を発症しやすくなります。特に40代からは要注意とされており、一定の年齢を越えたら定期的に眼科で検診を受けることをオススメします。身内に緑内障の居る方は、遺伝的な面で緑内障発症のリスクを持っています。家族に緑内障の方が居る場合は注意が必要です。近視の方は、普通の方に比べ目の奥行きが深く、房水が溜まりやすい状態にあることから緑内障を発症しやすいと考えられています。

 

緑内障の症状と見え方

 

緑内障を発症するとどのような症状が出て、物の見え方にどのような障害が起こるのか、緑内障という病名を知っている方は多くても、その症状等は詳しく知らないという方は多いと思います。今回は、緑内障の症状の出方と物の見え方についてご紹介します。

 

緑内障の症状

 

緑内障の症状の出方は、急性のものと慢性的なもので異なってきます。急性の場合、目の痛みや頭痛、吐き気などといった物の見え方以外の症状を併発します。症状の出方が激しいため、すぐに病院で診察を受け、緑内障の原因である眼圧を下げる治療が行われます。

 

一方、慢性的なものの場合、自覚症状はほとんどなく、物の見え方に異常が出てきた時や、定期健診を受けた際に緑内障を見つけた、という場合がほとんどです。症状はゆっくりと進行するため、大きな症状が病気の最終的な段階まで現れることがなく、治療が遅れてしまうことが多く見られます。

 

緑内障の物の見え方

 

緑内障の物の見え方は、病気の段階により徐々に変化していきます。初期は目の中心から少し離れた場所に、黒い点が現れます。この時点では自分で異常に気付くことはほとんどありません。症状が進み中期になると、この黒い点が大きくなり、見えない部分が大きくなる視野欠損が起こり始めます。症状の最終段階は、視野欠損が更に大きくなり、見える部分がほとんどなくなってしまいます。同時に視力も低下し、生活に支障をきたすようになります。最終的には視野欠損が目の全てに起こり、失明に至るケースもあります。

 

緑内障のチェック方法

 

緑内障は早期発見と適切な治療が必要な目の疾患です。普段から目の状態を知っておくことで、緑内障の予防や症状の進行を防ぐことができ、早期発見にも繋がります。緑内障の疑いがある場合や、ある程度の年齢に達した時には病院で検診を受けることが確実ですが、病院へ行く暇がない方や、いきなり病院で検診を受けるのが不安な方は、まず自分の目の状態をチェックしてみましょう。

 

緑内障のチェック方法

 

緑内障の初期段階としてあげられるのが、目の一部に黒い点が見える盲点という症状です。まずはこの盲点があるかを調べてみましょう。

 

チェック方法は簡単で、まず30センチ離れたところに親指の爪くらいの大きさのものを置きます。片目でこれを凝視してみて、視野に欠けたところがある、歪んで見える、一部分が暗く見えるという場合は、緑内障の疑いがあります。

 

確実な検査は病院へ

 

緑内障のセルフチェックはあくまで目安です。このため、確実な検査結果を知るためには、病院で専門的な検査が必要となります。病院で行われる検査は、眼底検査や視力検査、眼圧検査などが行われます。

 

検査に痛みはなく、いずれも日帰りで受けることができます。眼底検査は人工的に瞳孔を開くため、検査後は光が過剰に眩しく見えてしまいますが、3〜4時間後には正常に戻ります。また、緑内障は初期症状がほとんどないため、セルフチェックでは見落としてしまうことも多くあります。このため、緑内障の不安がある方はまずは最寄りの病院で確実な検査を受けることをオススメします。

 

緑内障を治すには?

 

緑内障の治療にはいくつか方法があります。緑内障の症状の進行具合、患者の体質やライフスタイルに合わせ、しっかりとした治療を受けることが大切です。

 

手術

 

手術は緑内障の治療で多く用いられる方法です。緑内障の原因である房水の溜まり過ぎによる眼圧の上昇を、外科手術により抑制します。緑内障の手術は数日から数週間の治療期間が必要となり、入院にかかる費用も負担となります。

 

一方、近年では患者の負担が少ないレーザー治療も普及しています。レーザー治療は外来の日帰りで受けることができる治療法で、費用面や治療期間などの患者への負担が少ない治療法です。ただし、緑内障の症状の進行具合などによってはレーザー治療は効果がなく、またレーザー治療を受けても緑内障が改善できなかったという場合もあるため、確実なのは外科手術による房水の排出です。

 

目薬

 

緑内障の治療の初期に用いられるのが、目薬を使い緑内障の原因である眼圧を下げる治療法です。目薬を点眼し眼圧を下げる治療法で、患者への負担が少ない治療法です。緑内障の目薬は普通の目薬とは効果が異なるため、医師の指示にしっかりと従い、正しい使用が必要となります。

 

サプリ

 

サプリは目の正常な機能を果たすために必要な栄養素を手軽に摂取できる方法です。必要な栄養素を必要な分だけ取り入れることができるため、緑内障だけでなく幅広い健康や美容目的で近年人気の方法です。ただし、サプリを用いる場合、効果が出るまで長期的な使用が必要となります。このため、すでに緑内障の症状が進行している場合などはあまり効果は期待できません。サプリを用いる場合は、緑内障治療の補助として使用するようにしましょう。

 

緑内障に効果的なサプリ成分

 

健康維持のためには普段の食生活が重要となります。しかし、食生活の乱れが目立つ現代において、必要な栄養素を十分に摂取できている方はごくわずかです。そこで効果的なのが、栄養素を凝縮したサプリメントです。サプリメントは栄養素別に様々な種類のものが販売されており、自分に必要な栄養素を必要な量だけ、簡単に摂取できる人気の健康方法です。

 

緑内障の予防や治療補助にもサプリメントは効果的です。今回は、緑内障に効果が期待できるサプリメント成分をご紹介します。

 

ルテイン

 

緑内障の原因に、目の中に房水が溜まることで起こる眼圧の上昇があります。ルテインはこの房水の分泌や排出を正常にコントロールする効果があり、高くなりがちな眼圧を下げる効果が期待できると言われています。

 

アントシアニン

 

アントシアニンには高い抗酸化作用があります。目の中で酸化が起こると、網膜内の細胞が死滅してしまい、緑内障発症のリスクが一気に高まります。高い抗酸化作用を持つアントシアニンを摂取することで、目の中の酸化を防ぎ、緑内障を予防、改善する効果が期待できます。

 

アスタキサンチン

 

アスタキサンチンは赤色の天然色素で、鮭やいくら、エビなどの魚介類に豊富に含まれています。高い抗酸化作用があり、紫外線などの外部ダメージから目を守り、眼圧の上昇を防ぎ緑内障改善や予防に高い効果が期待できるとされています。また、緑内障以外にも、白内障や網膜症などの幅広い目の疾患対策にも効果があると言われています。

更新履歴